家の解体工事 コンクリートべた基礎の留意

ベタ基礎解体

参考事例:横浜市戸塚区の解体工事 基礎の解体留意点

今回の事例は、べた基礎解体工事になります。

今回は、横浜市戸塚区にある家の解体工事の事例になります。
一般的な木造家屋の解体工事でしたが、基礎がべた基礎仕様でした。その基礎の違いについて、解体屋目線でのお話させて頂きます。

在来工法住宅の主な基礎

一般的な住宅の基礎は、主に2種類が多く見られます。わかりやすく、基礎の構造図を使って説明します。

上の図は、布基礎になります。
下の図が、べた基礎になります。

コンクリート使用料や鉄筋使用料の違いがおわかりいただると思います。

図解べた基礎と布基礎の違い

布基礎

実際の解体工事現場での体感としては、平成初期くらいまでの一般的な住宅に、布基礎が多いように感じます。鉄筋の入っていない布基礎に遭遇することも珍しくないです。

べた基礎

それ以降の比較的新しい建物の解体工事では、べた基礎が主多いように感じます。

べた基礎は、基礎全体にコンクリートを流し込んでいるため、型枠の布基礎よりもコンクリートの量も多く、基礎をより強くするために並べられた、鉄筋も多く使われています。

今回の解体工事はべた基礎でしたので、処分費・工期ともに通常より多くかかりました。

基礎の違いによる、解体工事工期への影響

次に工期ですが、基礎を全体的にジャイアントブレーカー(ユンボの先に取り付ける、解体対象物に振動を与えて解体するもの)で叩く為、布基礎の解体よりも工期を要します。

平成に建設された建物のほとんどが、べた基礎であるがために、近年解体工事の工期も費用は上がっています。